「オナ二ーの指示」でエロさ倍増!女性を興奮させるオナ指示フレーズ

さて皆さん、ライブチャットやビデオチャットでエッチを楽しんでいますか?

女性とチャットする際に「キャラを演じていたり」「卑猥なプレイやSMプレイ」などで持ち上がっている方もいるでしょう。

では、よりチャットで女性が感じるために言葉責めはしていますか?命令や指示オナニープレイは女性がもっとも感じ興奮するプレイの一つで、女性によって使い分けできる高度なテクニックになります。

言葉責めは女性感じやすくイキやすくなるからこそ学ぶべき!

そこで、女性が感じやすくなる言葉責めのパターンをわかりやすくお伝えしています。

オナ二ーの指示快感フレーズ

「どうして欲しい?」「そこが気持ちいいの?」

序盤で使えるフレーズで、特にM系の子には有効です。

ドМの女性は言葉責めされることにより、より興奮するのでこのフレーズはかなり有効手段となっています。

「自分でオナニーして」と言われると、女性は恥ずかしさと緊張でオナニーをしますが、いつもよりも濡れていることは間違いないでしょう。

どこが感じてるか、はっきり言って…

女性に、直接いやらしい部位名称を言わせることによってより快感を得れるでしょう。

「クリトリスが気持ちいの・・・」
「乳首感じてるからヤバイ・・・」

と感じるポイントを言わせることで、女性もその部分をもっと触ってくれる傾向があるので効果的です。

低めの声でゆっくり優しく責める

女性は低い声の方が好みますのでゆっくりと優しい感じで、でもちょっといじわるっぽくするのがポイント。

『ほら、凄く敏感な乳首が固くなっているよ、もっともっと弄って欲しいの?こんないやらしい身体は初めてだよ』

『こんなセクシーな身体をこれから私が食べても良いの?全身にキスしてあげるね。もうパンティの中はグチュグチュに濡れているんでしょ?正直に言ってごらん』

などのフレーズを使うもよいですね。

「もうグジョグジョに濡れているね。クリトリスを触ってみて」

オナニープレイの序盤では、パンティ越しにアソコを触る女の子が多いです。

そんなときは、「パンティの上からクリトリスを触ってみて」と言ってみましょう。濡れてきたのが分かったときは、言葉を変えて、「すっごい濡れているのが分かるよ」「もっとグジョグジョにかき回してみて」というのがいいです。

指を奥まで入れてごらん

クリトリスを触って濡れてきたら、今度は指を使ってアソコに入れてみて!というフレーズも効果的です。

最初は焦らし効果が良いので指を1本だけ入れさせて、「ゆっくりと出し入れしてごらん」と指示します。慣れてきたら、指を2本入れてゆっくり言ってみましょう。

アソコに入れた指を見せてごらんというもの良いでしょう。

オナ指示フレーズのまとめ

いかがですが?女性が感じやすくなるフレーズはチャット中に使うことでかなり有効な方法です。

女性主体ではなく男性側がリードすることで、いつもよりより興奮することは間違いありません。

ただし、女性によってやその場の雰囲気によってどの言葉を使うかによってまちまちなので、ある程度経験則が必要になります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする